スマートフォン用ページへ

サンキホームの住宅保証

  • ホーム
  • サンキホームの住宅保証

サンキホームの住宅保証

サンキホームではJIO(日本住宅保証検査機構)の検査事業者登録をしています。

JIOとは?

日本住宅保証検査機構(略称:JIO)。建築士の資格を持ったJIOの検査員が建物調査(インスペクション)建物に精通したホームインインスペクターが、客観的な立場から、また専門家の見地から、あなたのご希望物件について専門的に建物調査(インスペクション)を行うものです。弊社では「新築住宅」「リフォーム」「中古住宅物件」に検査を行うことが出来ます。 ※2014年1月現在

新築住宅向け JIOわが家の保険

品確法※1で住宅を供給する事業者様に義務付けられた住宅の10年間の瑕疵担保責任を、事業者様の経営状態に関わりなく確実に実行できるように履行法※2で定められた「資力確保措置義務」に対応した保険です。保険の対象となる住宅の「基本構造部分等」とは、構造耐久上主要な部分雨水の浸入を防止する部分で、床の傾斜や雨漏り等、保険の対象となる不具合が発生した場合に、補修等に要する費用に対して保険金お支払いします。保険期間は10年間です。

※1 住宅の品質確保の促進等に関する法律
※2 特定住居瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律

保険金をお支払いする場合

保険金をお支払いする場合
●保険対象工事部分の瑕疵に起因して、下表

(【表1】事故となる事由)の①~③のいずれかのことが
生じた場合に、リフォーム事業者様に対し
瑕疵担保責任者を履行すること(修補)によって
生じる損害について、リフォーム事業者様に保険金を
お支払いします。

●対象住宅に事故が発生しリフォーム事業者様が倒産等の
場合は、発注者様からの直接請求に基づき

発注者様に対して保険金をお支払いします。


※発注者様と住宅所有者様が異なる場合には、
住宅所有者様から発注者様に対して修補または

損害賠償の請求があったものに限り、発注者様の
損害とみなします。

既存(中古)住宅向け JIO既存住宅かし保険

この保険は、JIOに登録されたサンキホーム(株)が被保険者となりお申込みいただく既存(中古)売買用の保険です。
  • 安心1

    事故発生時の修補費用を補償します

    検査事業者倒産時は購入者へ直接補償します

    → 保険対象部分の修補等にかかった費用または損害賠償金について、 保険金が支払われます

  • 安心2

    保険の引受けには時前に検査を実施します

    定められた検査基準に適合しない場合、修補後に検査します

    → 一定の条件を満たす検査事業者は、JIOの現場検査を省略します

→保険の内容が新しくなりました!詳しくはこちら

「保険期間1年間」も選択可能!
マンション戸単位の保険が利用しやすく!

→保険の価格表はこちら

売買される既存住宅の「基本構造部分等※3」における、隠れた瑕疵によって起きた損害を補償する保険です。売主が「宅建業者」の場合と「宅建業者以外」の場合とでは、保険の仕組みが異なります。売主が宅建業者の場合は、宅建業者の瑕疵担保責任に対して保険契約を締結し、売主が宅建業者以外の場合は。既存住宅の検査と保証を行う登録検査業者様の保証責任に対して保険契約を締結します。
保険期間は共に5年間です。また2012年7月より中古マンションの1戸単位での売買専用の保険の取扱いも開始しました。

※3 特約で保険対象を追加することが出来ます。

既存(中古)住宅向け JIO既存住宅かし保険

●この保険は、検査事業者が被保険者となりお申し込みいただく保険です。

●検査事業者(以下の「被保険者」といいます。)は住宅の引渡し前に保険を申し込み、JIOは保険の引受けにあたり検査を実施します。

●保険の対象となる瑕疵の補修等にかかった費用をJIOが保険金として被保険者にお支払いします。

●被保険者が倒産等により保険対象部分の補修ができない場合は、買主からJIOへ直接保険金の請求をすることができます。

保険金をお支払いする場合

保険金をお支払いする場合
●保険対象工事部分の瑕疵に起因して、下表(【表1】

事故となる事由)の①~③のいずれかのことが生じた
場合に、リフォーム事業者様に対し瑕疵担保責任者を
履行すること(修補)によって生じる損害について、
リフォーム事業者様に保険金をお支払いします。

●対象住宅に事故が発生しリフォーム事業者様が

倒産等の場合は、発注者様からの直接請求に
基づき発注者様に対して保険金をお支払いします。


※発注者様と住宅所有者様が異なる場合には、

住宅所有者様から発注者様に対して修補
または損害賠償の請求があったものに限り、
発注者様の損害とみなします。