スマートフォン用ページへ

アフターメンテナンス

安心のアフターメンテナンス

サンキホームでは、建物の引渡し後から、最長20年間の長期アフターメンテナンス保証を実施しております。
長年アフターメンテナンスを担当している専任スタッフによる定期点検とメンテナンスを通し、お住まいの状態を把握して
適切な保守管理をすることでいつまでも変わらない安心と快適な暮らしを実現いたします。
※最長20年間の保証には、当社指定による有償メンテナンスを受けていただく場合がございます。

最長20年保証システム

当社では、住宅を供給する事業者に義務付けられた住宅の10年間の瑕疵担保責任保険に加入しております。
(JIOわが家の保険にご加入いただきます※)
基礎や柱などの構造耐力上主要な部分(下記図参照:グリーンの部分)と、外壁や屋根などの雨水の侵入を防止する部分(下記図参照:ブルーの部分)に不具合が発生した場合に、補修等に要する費用を確保いたします。

期間は10年間で10年目に有償点検を実施し、規定の検査に合格した場合さらに10年間の延長ができます。
(有償メンテナンスが必要な場合もあります。)

※JIO「わが家の保険」はこちらをご覧下さい。

木造軸組工法 戸建住宅の例

瑕疵事故の89%を締める「雨漏り」対策として、当社では標準の検査に加え、通常ですとオプションである「外装下地検査」も当社は標準で実施しております。
これは雨水の浸入を防ぐ部分の検査で雨漏りしやすい部分や施工のポイントとなる部分を検査する事で、雨漏り防止の有効な対策として特約加入しております。

20年定期点検システム

健康な人が健康診断や人間ドックをするように、家にもアフター点検やメンテナンスが必要で、建てた後にどんな維持管理をするかが、住宅の寿命を左右します。

10年、20年、長期にわたり快適に暮らしていただくために、当社では施工後、毎年1年ごとに無償定期点検を実施し、お客様と共に大切な家を守っていきます。

定期点検の流れ

なお、10年目の有償検査により規定の検査に合格し、10年間の瑕疵保険(JIOわが家の保険)を延長申し込み頂いた場合は13年、15年、18年、20年目の無償点検を実施いたします。
※最長20年の定期点検システム

20年定期点検・保証システムの流れ

※完成保証は別途保険加入が必要です。

定期点検の内容

点検部位(例) 点検項目(例)
基礎 ヒビわれ・欠損
土台 基礎からのずれ・浮き
腐朽・蟻道・傾斜
外壁 割れ・欠損・シーリング材の破断・劣化
屋根 ずれ・はがれ
サッシ廻り 周囲の隙間・雨漏り・開閉不良
床下 水漏れ・断熱材のずれ
小屋裏 断熱材のずれ・雨漏り
バルコニー 手摺のぐらつき・腐朽
雨樋 割れ・継手破損
床仕上げ カビ・変色・きしみ
天井・壁仕上げ カビ・シミ・はがれ
キッチン・洗面設備 水漏れ・割れ
トイレ 便器・水洗タンク廻りの水漏れ
ユニットバス 床下への水漏れ・各種水栓の不具合
内部建具 建付不良・開閉不良
スイッチ・コンセント 点灯不良・ブレーカー不良

左記は一例です。
※サンキホーム㈱の定期点検は毎回同じ項目の点検を実施させて頂いております。
定期点検時お客様にアンケートを実地しサービスの向上を目指しております。

住まわれて気づかれた点や不便な点など
お伺いした際に、ご相談・ご提案させて頂きます。

0120-633-340 資料請求・お問い合わせ